映画「カイジ 人生逆転ゲーム」ネタバレあり!カイジは勝つのか?負けるのか?

(出典:U-NEXT)

観ると無性に冷えたビールが飲みたくなるギャンブル映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレをしていきます。

友達の連帯保証人になってしまい約200万円の借金を抱えるカイジはあるゲームに参加することによって大金持ちに這い上がったのか?それとも負けてすべてを失ってしまったのか?必見です。

また、カイジと言えば藤原竜也、藤原竜也と言えばカイジを連想させる程、藤原竜也さんが演じるカイジは完全にはまり役で演技が光っていました。

目次

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」スリル満点なゲームの行方は?

カイジを含む借金を抱える大勢の人たちが参加した最初のゲームは【じゃんけん】です。

制限時間内にじゃんけんで勝つと星のバッジを取得し、負けると星のバッジを渡します。そしてバッジを3集め、尚且つ今持っているじゃんけんカードを全て使い切った者が第二ステージに進めます。

カイジは船井(山本太郎)から、勝つ方法を進められてカイジはその方法を実行しますが、見事船井に裏切られてしまいます。その後なんとかもがきながらも、偶然いた中年の男性石田(光石研)に協力してもらい勝利を勝ち取りました。しかし実は石田は不正をしていて、カイジと共に地獄の労働施設に送り込まれます。

第二ステージは【細い橋を渡りきる】ことです。

送還されたビルとその奥のビルとの間にある細い橋を渡り切れば、賞金1000万円を手に入れることが出来ます。

ただし、その橋には電気が流れているため一瞬でも触れたらそのショックで橋から落下して命を落としてしまいます。

カイジに協力していた石田は橋の途中で渡り切れないことを悟り自ら落ちてしまいます。 

石田の想いを背負いカイジは大雨と風に耐えながら最後まで渡り切ります。

そして最後のステージは【Eゲーム】です。

「皇帝1枚」「市民8枚」「奴隷1枚」を出し合って勝敗を決めるカードゲームです。

一見運が試されるようなゲームの気もしますが、対戦者である利根川はズルをしていたのです。

そのズルに気付いたカイジは裏を読んだ行動を取り、見事利根川に逆転勝利を果たします。

カイジは見事このゲームに勝利をしたのです。

これですべての賞金5億円を手にしたカイジは金融会社の社長と2人でお酒を飲みお祝いをします。

そしてカイジが酔って、暫く眠りにつきました。そして目を覚めるとそこには5億円と金融会社の社長は消えていました。

まとめ 映画「カイジ 人生逆転ゲーム」ネタバレ 勝負には勝った!?

カイジは勝負には勝ったものの、一番大事なお金を失ってしまったわけです。

そこで皆さんもご存じの「カイジ2」に続きます。

「カイジ2」では、カイジが完全勝利することができるのか!?

カイジ 人生逆転ゲームで人物の相関関係を把握しておくとよりカイジ2を楽しめますよ!

目次
閉じる